スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナー情報

セミナー情報

経営革新は自己革新から
「人生企画書作成講座」研修のご案内





最近、経営革新とか経営計画とか巷にあふれていると思いませんか?
「経営計画」といきなり言われてもわかりませんよね。

事業計画なんて漠然としか考えたことがなく、
自分の頭にやりたいことだけ入っている。文章になんてできない。

なんとか売上を上げられないだろうか。
お客様に喜んでいただける提案方法がないものだろうか?
新しい時代に合ったビジネススタイルに変わらなければ…
自社の業績向上に尽力されている皆様へ。




人生の企画、事業の企画
~中小企業の経営者をサポートする経営計画とは~


講師: 所長: 税理士 冨永正見
日時、申し込み方法等は下記にあります



※当日は電卓、筆記用具、名刺(懇親会で名刺交換あり)を持参してください

スポンサーサイト

9月の増販増客

9月の増販増客はコチラ

今月の言葉

決すべきことを決せず、一日延ばしにすれば、結局は企業を危うくする。
飯田亮(セコム創業者)



警備会社という概念がまだ日本になかった1962年、父親の猛反対にも関わらず、日本最初の民間警備保障会社日本警備保障(現セコム)を創業する。新しいこと、誰もやっていないことに挑戦することはだれでも迷いが生じる。しかし、それでは同じことを考えている人に先を越されてしまったら終わりである。今決定できることを今やるという精神が今日のセコムを築いたと言える。

経営者に贈る5つの質問

自分の仕事をきちんととらえていますか?

――組織の現状を把握し、将来のあるべき姿を探るための経営ツールとして、経営学者P・Fドラッカーが開発した、もっともシンプルで奥深い自己評価法「5つの質問」は次の通りです。

1、われわれのミッションは何か
2、われわれの顧客は誰か
3、顧客にとっての価値は何か
4、われわれにとっての成果は何か
5、われわれの計画は何か


ドラッカーは、この5つの質問による自己評価をすることで「知識と糸を行動に帰ることが出来る」としています。

以下に同名著書の一部を紹介します。
「5つの質問がもたらすものは、行動の為の計画である。計画とは明日決定するものではない。決定することができるのは、常に今日である。明日の為の目標は必要である。しかし問題は明日何をするかではない。明日成果を得るために今日何をするかである」
(「経営者に贈る5つの質問」より)

今月の言葉

逆境の時代は、過去にとらわれず、前例のないことに挑戦できる時代ともいえる。
樋口廣太郎(元アサヒビール社長)



 低迷していたアサヒビールを「スーパードライ」のヒットで再建した樋口氏は、その著書の中で、環境が悪い、状況が厳しいというだけでは経営はうまくいかない。
むしろそれを経営の所与の条件ととらえ、それに挑戦し、どうしていくのかを社員に示すことが本当に経営だと語る。

プロフィール

冨永正見

Author:冨永正見
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  • pagetop
Copyright © 冨永正見
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
開催日平成22年1月14日(木)
会場調布市商工会 会議室
時間12:00~17:30(セミナー)
18:00~20:00(懇親会)
参加対象社長様および経営幹部の皆様
参加費8,000円
申し込み方法  コチラに必要事項を入力して送信してください。
お問合せ冨永正見税理士事務所(塩野谷・高野)
調布市西つつじヶ丘4-6-2-308
電話番号042-443-1750
FAX042-443-1751
E-MAILinfo@e-tominaga.com